Blog

「たる募金」をしてきました。

tag:

こんにちは、藤本です。

私は、広島県広島市出身(生まれたのは母の実家の山口県なのですが、その後大学入学までを過ごしたのが広島なので、広島出身と言っています)なのですが、当法人の東京オフィスから徒歩5,6分のところには、広島県の様々なグッズを売っている「TAU」というお店(東京都中央区銀座1-6-10 、いわゆるアンテナショップ)がありまして、良くここで東京オフィスの消耗品を購入したりするのです。やはり、子供時代に過ごした場所の商品ですので、懐かしいものが沢山あります。2階には、お好み焼き(もちろん広島風)のお店もあって、実はこの間の木曜日だったかな、ここでお昼ご飯を食べたのです。

そしたら、TAUの2階に、「たる募金」をしているコーナーがあるではありませんか!

この間の長雨で、広島県だけではありませんが、広島県を含む多くの地域で、かなりの被害が出てしまいました。募金箱の中を見ると、皆さん、小銭ではなくて、札での募金をしておられまして(「たる」ですので、中が見えます。)、私も僅かではありますが、協力させて頂きました。

たる募金というのは、かつて広島カープが資金難に陥った時に実施された義援金の募集の方法でして、21世紀に入り、球場を建て替える時にも実施されたやり方です。なんちゅうか、郷土愛をくすぶります。

なお、義援金は、全額、「平成30年7月広島県豪雨災害義援金」(日本赤十字社広島県支部、広島県共同募金会、NHK広島放送局、NHK厚生文化事業団及び広島県)として、広島県内全域の被災地の各市町を通じ被災者へ届けられるそうです。

当法人としても、何かできることがあれば良いのですが・・・。かつて、東日本大震災の時、私も責任者の1人として、私が所属していた前の事務所にて直ちに震災Q&Aを作成して出版し好評を得ました。この知識の一部はそのまま使えると思いますので、リンクを張っておきたいと思います。

当法人として何ができるかは、引き続き考えていきたいと思います。