Blog

パワハラ防止義務化 改正法成立

tag:

弁護士の岡筋泰之です。

令和元年5月29日、職場のパワーハラスメントの防止を企業に義務づける改正労働施策総合推進法が成立しました。

改正法は、パワハラを「優越的な関係を背景にした言動で、業務上必要な範囲を超えたもので、労働者の就業環境が害されること」と定義しました。
その上で、パワハラ防止策をとることを企業に義務付ける内容になっております。

パワハラ・セクハラは、従業員の退職にもつながることになります。
どこまでが適正な指導で、どこからがパワハラか、につき誤解があるために、トラブルが発生しているという事例も見受けられます。

私は、①新入社員向けの従業員研修、②幹部従業員向けの従業員研修、を実施することにより、上記について、上司、部下がそれぞれの立場で、適切に理解できるよう推進しているところです。

法成立を踏まえ、従業員研修に興味ある方はお気軽にご連絡ください。